アタッカーを狙ってレシーブさせる作戦

ソフティバレーボールの特徴的なルールに、

『一度ボールに触れた選手は、そのターンは触れない』

というものがあります。

 

つまり、どんなに強力なスパイクを打つアタッカーであっても、一度ボールに触れさせてしまえば、そのターンはアタックを打つことは出来ないのです。

これを利用して、サーブや相手への返球で、相手チームのエースアタッカーを狙うことが、ソフティバレーボールの重要なテクニック(戦略)の一つです。

 

一方で、エースアタッカーを狙われる側のチームでは、アタッカーが狙われないように、周りのチームメートがアタッカーを守り、カバーします。

アタッカーは、相手チームの攻撃から逃げて、ボールに触らないようにすることで、次の返球時のアタックを打つことができます。

 

この、エースアタッカーを狙う攻防が、ソフティバレーボールの醍醐味ですね。

 

もちろん、セカンドアタッカーがエースアタッカーと遜色ない程の決定力を持つ場合は、あまり有効な戦略ではありませんが、それでも勝負どころのエースアタッカー狙いは非常に有効です。

 

皆さんのチームでも是非お試しあれ!