5回で返す?

テクニックと言ってよいか分かりませんが、ソフティバレーボールでは、4回で返球するルールとなっていますが、最後の返球がネットに引っかかってしまった場合に限り、もう一回触れることが許されています。

 

例えば、4回目にアタックを打ったものが、ネットにかかり相手コートに届かない場合、アタッカー自身、あるいは別のプレイヤーが、ネットから跳ね返ったボールをもう一度触って、相手コートに返すことが可能です。

このルールをうまく使うと、ネットすれすれでうまく返せそうにない場合などは、わざとネットにあてて跳ね返すことで、5回目で返すことが出来ます。

 

テクニックというよりは、トスが悪かった場合の対処方法ですが、ソフティーバレーボール独特のルールに沿った方法です。